だらだら

書鎌で色々やってた記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファウストの会話

あまりにも変質者だったのでまとめた
料理等まだ不明



リンクエネルギー上昇高(+3~5)

-- 幻神共通

*** 他の幻神の秘密が知りたいな。
*** 幻神のウワサ話を教えて。

リヴァイアサンは礼儀に独特な見解を持っているよ。
この分野にかけては頭が上がらないね。

ファフニールは真っ直ぐな性格だ。
何事にも動じない点は、賞賛に値するよ。

他人のことよりも、君の動作全てが気になっているよ・・・。
君のすべてを私に見せて欲しい!
逃げないでおくれ!フフフ。

ギルガメシュはとある国の王だというね。
ユートピアの話をしたいと考えていたよ。

*** 別れの日が来たら。
*** 分かれたあとはどうするつもり?

引き続きユートピアを追い求めるよ。決して諦めはしないさ。
君も自分の理想を諦めはしないだろう?

急にどうしたのかね?
私がいなくとも君ならば大丈夫だろうがね・・・。

別れはつきものだよ。
だが、君がいないとなると計算を改めねばならないね。

君がいると私の研究も捗りそうだったが、残念だよ。
君を失うのは痛手だからどこまでも君を追い続けるがね。

-- ファウスト固有

*** 変わったマントだね。
*** そのマント変わってるね

このマントは悪魔の力の象徴。
メフィストと名づけてるよ。クク。

これは悪魔の力を手に入れた証。
かつての私の愚かさを戒めてくれる。

このマントは私の罪の象徴だ・・・。
なのに君は純粋な賞賛を向けてくれるね・・・。
君は本当に不思議な人だよ。

これは悪魔に勝ってその力を手に入れた証。
その悪魔にちなんで、メフィストと呼んでいるよ。

*** 昔は学者だったって本当?
*** 学者になるのにどれだけ勉強したの?

数多くの本を読んだが、
どれだけ読んでも実践できなければ意味がないね。

かつては象牙の塔に閉じこもって、
世界のあらゆる知識を理解すると誓った狂人だったよ。
思い出す度にかつての自分が笑えて見えるね。

かつては書物を読みあさることがすべてだったよ。
命が尽きる間際になって、
いくら知識があっても実践できなければ無駄だということに気づいたね。

かつては博士と呼ばれていた。学者への尊称みたいなものだね。
だが当時のわたしは若く未熟だったよ。

*** 悪魔の力ってどんなもの?
*** 悪魔の力を使いこなせる?

メフィストは堕落させるため、私に旅立つように仕向けた。
だが、私はユートピアの一角を知る事ができた。
例えこんな有様になっても十分満足してるよ。

人々が言うように私は悪魔との賭けに勝った。
結果として悪魔の力を使う能力を得たが、
思いもよらない代償を払うことになったのだよ・・・。

力そのものに善悪の区別はないと思うね。
正しく使えば善だよ。たとえそれが悪魔の力であってもだ。

・・・かつて悪魔と魂を賭けた者がいた。
悪魔は負け、その人物がすべての報酬を得た。
だが、悪魔は体内に宿りいつまでも離れなかった・・・。

*** 好きな人がいたって本当?
*** 恋愛話を教えて?

かつては理想の女性がいた・・・。
しかし君と会ってから考えは変わったよ。
真理と美が結びついた理想の存在とは君なのだと。

・・・理想の女性の魂の断片を召喚したことがあるよ。
それは一晩しか形にならなかったが。
しかし、あの美しさには驚かされたものだよ。

真理と美を体現したような女性を追い求めたことがあったよ。
ほんのわずかな時間だったが魅了されてしまったね。

かつて真理と美を追求するために、理想の女性を追った。
しかし、その結果悲劇を生んでしまった。
もう諦めていたが、君が現れたことは私にとって僥倖だよ。

*** どんなユートピアを築きたい?
*** ユートピアの話を聞かせて!

永遠に美しい国を作りたい。
途中で挫折を味わったこともあるが、
君という存在の可能性には驚かされるね。

理想郷と呼ばれる理由は絶対的な美があるからだよ。
誰もが諦めたとしても私は実現させてみせるさ!

ユートピアの実現まで間近に到達したことがあるが愚かさ故に失敗した・・・。
だが、その失敗を経て、ユートピアの片鱗を垣間見た。
私は諦めない。この世界で新たな可能性を見出したからね。

自由で平等な国を実現させたい。
犠牲を生まず、人々を悲しませない。
それこそが私の求める理想郷!

*** 悪魔との取引って?
*** 悪魔と取り引きをしたことがある?

私の命が尽きる間際、悪魔と契約を交わした。
私の理想を実現させるため、魂と引き換えに賭けをしたよ。

この取り引きは私にとって破滅ではなく転機。
悪魔が人間を堕落させる罠だとは知っていたよ。
しかし受け入れねば、私は自分の在り方に耐えられなかっただろうね。

売買できないものなどないさ。
魂を売り渡すとしても、
対価を差し出せる人間や悪魔が相手である必要があったのだよ。

極めて危険な取り引きだが、
こうして君と出会えた事には感謝しているよ。ククク。
だから全く後悔なんてしていないね。

*** 未来を予知できるの?
*** 未来を見ることができるって本当?

様々な未来を見たが、
見える未来が真の結末に等しいとは限らない。
私は悟ったよ。未来の結果は自分の手で掴むということを。

私に見える未来は真相だけだ。真実ではない・・・。
わかりやすく言うとだね、それは・・・。
私に見える未来は実現する訳ではないのだよ。

私に見える未来は運命の支流でしかない。
実現するとも限らないし、変える機会がないとも限らない。

そんな質問をするということは・・・未来を予知して欲しいのかね?
しかし見てもロクなことはない。考え直すといい。

*** どんな魔法が使えるの?
*** 魔法を見せて欲しい。

すまないが、それはできない。
私の魔法は見世物ではないのだよ。
暗黒の力を秘めた危険な能力だからね。クククク。

私の魔法は見て楽しむようなものではないのだよ。
命が黒魔術に飲み込まれる場面を見たければ話は別だがね。

私は悪魔の力で魔法を使いこなす。
危険だから見せるのはおすすめしないね。

手品が見たいのなら、
期待には応えられないだろう。
そんな生易しいものではないのでね。



リンクエネルギー上昇低

-- ファウスト固有

*** 知識はどうすれば得られる?
*** 博識だといいことってある?

閉じこもって書物からの知識も良いが、
実体験が一番の糧ではないかね?
君には難しいかもしれないが・・・フフフ。

知識こそすべてなのだよ!
万事は己の知識でどうにかなるものだ!

知識は己の好奇心から作られていくものだ。
未来を既知に変えていく。
素晴らしい事だと思わないかね?

知識・・・クク、ハハハハハ!
やっと知識の大切さが分かってきたのかね?

*** 特に興味のあることは?
*** 普段どんなことをするのが好き?

私には時間が惜しい。この瞬間すら惜しい。
私はすべての知識を得たいのだ!
しかし、経験も時間も足りぬ!

知識を得ることこそ私のすべて。
日々のすべてが私にとっては実験だ。
君も私の実験対象だよ。クククク。

美しい芸術に触れる事も愉快である。
・・・どんな物かだと?
君のすべてが愛らしく感じるよ・・・フフフ。

私は生まれてからのすべてを観測している。
どうやって観測しているかだと?
君に言っても分からないだろう。

*** 忘れられない夢ってある?
*** 一番忘れられない夢は?

夢の中で理想が実現したことがあった。
・・・ん?私だって眠る時もあるよ。

夢とはあまりにも儚い一瞬。
得てもその瞬間しか残らぬ。
夢の世界を行き来できる者達が羨ましいものだ。

私が神となりすべてを得た夢を見た。
その夢は余りにも残酷で気が狂いそうだったさ・・・。

夢などと甘い。
信じるべきは今そこに存在する現実のみだ。

*** 運命ってどう思う?
*** 運命を信じてる?

運命など無いさ。
すべては成るべくして成るのだよ。
君が危機を物ともしないのも必然なのだよ。

運命かね?
そんな物はありはしないよ。

運命など無い。
君と私が出会ったのもすべては必然。
・・・そんな運命などと甘い物は信じないで欲しいね。

運命とは操り人形の糸のようなもの。
己の意思とは関係なしに下手な芝居をさせられる。
私は何かに踊らされるなど考えたくもないね。

*** 好きな芸術は?
*** 好みの芸術のジャンルは?

詩や文学も美しい。
文字が人に与える影響も興味深いね。

均整のとれた造形物も良い。
洗練された造形美!素晴らしい!
私は球体を眺めているだけで快感だよ。

喜劇や悲劇は面白いものだ。
些細な事でも人は感情を動かすだろう?
そんな些細な変化が楽しいものだよ。

君の存在すべてが芸術品だ。
君のすべてを解体したいよ・・・クヒヒヒヒ!
おや?離れなくてもいいじゃないか。冗談だよ。

-- 地理、システム関連

*** ブリッツキャニオンの情報を教えて。
*** ブリッツキャニオンのことを知ってる?

情報を教えてもいいが、
実際に見るべきだと思うがね。

その谷は半分が砂嵐に覆われているそうだね。
枯れ果てた草地には凶暴なモンスターが多く、
極めて過酷な環境だよ。

半分が砂嵐に覆われた不毛の土地だが、
山奥の樹海には古代の種族がいるらしい。
見つけたら解剖したいものだねぇ!

私は、他人から聞かされるよりは、
実際に見聞きする方が好きだね。

*** ケンタロ族の印象は?
*** ケンタロ族について聞いたことがある?

星を長いこと観察しているそうだ。
そこから未来を読むのだと・・・。
ふっ・・・すべての事象は計算で導き出せるのだよ。

フェリチタ大陸で暮らす、占星術の得意な種族。
星の事をどれだけ理解しているものか・・・。
彼らから何か学べるものがあれば良いが。

星の動きを読むことに長けた種族だ。
私も星について研究をしている。
機会があれば占星術の話をしたいものだよ。

ケンタロ族は不思議な生命の木を守っているようだ。
いずれ解剖したいものだね。ケヒヒヒヒ。

*** 起源のキューブのことをどう思う?
*** 起源のキューブを知ってる?

私も詳しく知りたいものだ。
君が実験に協力してくれれば解明できそうだがね?

君も興味があるのか!
起源のキューブは世界の起源。説明できない何かで満ちている・・・。
私も考えてみたが、未だに解明できていないね。

起源のキューブはすべての力の源。
何人たりとも侵せない。

起源のキューブは至高の存在。
何者も手が出せない謎の多い物だ。

*** 幻神バトルの情報について教えて
*** 幻神バトルのことを知ってる?

様々な時空の歴史が記録されているようだね。
幻神たちの過去は私も興味があるよ。

幻神の過去の物語が語られるそうだ。
私の過去も記録されているのかな?クククク。

歴史をすべて観測できるのは起源の使者だけのようだよ。
具体的に知りたくば聖都ナディアで幻神バトル商人を探すといい。
説明は彼らに任せようかね。

何らかの歴史が記載されているそうだね。
過去や未来、異なる時空をも観測できるそうだ・・・。
細かな断片を繋ぎ合わせて全体像を見る必要があるよ。

*** カードバトルをやろう!
*** カード対戦って知ってる?

カードの秘密を調べてみたいものだ。
聖都ナディアに専門のカード協会があるそうだよ。
今度連れて行ってくれないかね?

カードの対戦は楽しいだろうね。
私も勝負してみたいが、
残念ながら人間にしか使えないのが悔しいね。

魔力を宿したカードだろう?
人間の子供でも魔法を使って戦えるとは、
実に面白い発明品だね!

カードを使って対戦できるとは・・・。
なかなか面白そうだね。


スポンサーサイト
  1. 2012/01/01(日) 02:00:00|
  2. 幻想メモ
  3. | コメント:0
<<書、ダガー絡み翻訳用 | ホーム | 勝手に拾ってきた2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

瑠璃菊

Author:瑠璃菊
 
書/鎌 Lv94

最新記事

カテゴリ

始めにっぽいもの (1)
ステやら (0)
幻想神域 (386)
幻想メモ (4)
幻想クイズ (1)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク


管理画面

かうんた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。